プロモート盤「つばさ/あこがれ」(YALA-43)が三人とファンの抗議によって計画中止を余儀なくされた渡辺音楽出版とCBSソニーであったが、 発売すれば売れると判っていながら黙って指をくわえて見ているのは我慢できなかったようで、78年11月21日に収録曲を変えて三人の意志とファンの気持ちを 踏みにじる形で強行発売されたシングル盤である。


※その他情報を御存知の方は書込みをお願い致します。

1.説明

EPつばさ.jpg

プロモート盤「つばさ/あこがれ」(YALA-43)が三人とファンの抗議によって計画中止となり一件落着となると思っていた5ヶ月後、幻の新曲として強行発売された。


●昭和53年(1978)の新聞記事から
※どの新聞社のいつの記事か御存知の方は御連絡ください。

キャンディーズが”幻の新曲”

お別れステージで歌った「つばさ」
熱狂的ファンの要望…21日発売

つばさ/グッドバイタイムス新聞記事.jpg

ことし四月、”普通の女の子”に戻ったキャンディーズが、解散から七ヵ月ぶりに”新曲”を出す。
ランちゃんこと伊藤蘭作詞、渡辺茂樹作曲の「つばさ」で、二十一日にCBSソニーから発売される。

「つばさ」は、五万人を動員した後楽園球場での「ファイナル・カーニバル」のラストステージで歌われた曲で、後楽園ライブのLP「涙の微笑みがえし!キャンディーズ・ファイナル・カーニバル」の中からシングル盤にした作品。
六月初旬に、非売品として千五百枚プレスし、全国の有線放送局とラジオ局へ配布した”幻の新曲”だ。

これを知ったファンから「売って下さい。神様!」という声がCBSソニーに殺到、今回、元キャンディーズの三人からOKを取り有料盤として再プレスした。
キャンディーズが吹き込んだ未発表曲は、十数曲あり、いずれも、CBSソニーの倉庫に眠っている。もちろん「契約中」の作品だからCBSソニーがレコード化して 発売するのは自由だが、四月四日のファイナル・カーニバルのあと三人が「一枚もレコード出したくありません」と強く希望しているため、CBSソニー側は「OK」が とれた「つばさ」以外のレコード化は今のところ考えていない。

ファン組織の全キャン連は、目下、年内いっぱいを目標に全国百ヵ所で「キャンディーズ・フィルム・コンサート」を行っているが”幻の新曲”発売で、キャンディーズ熱が 再び盛り上がりそうだ。
(写真は「つばさ」のジャケット)


●昭和53年(1978)の「つばさ」発売後のテレビ番組インタビューから
※何のテレビ番組のインタビューか御存知の方は御連絡ください。

つばさについてスーのインタビュー.jpg

※「つばさ」発売に関する部分のみ抜粋しました。

記者:「つばさ」っていうレコードをね、また出したでしょう。
スー:はい。
記者:ええ、なんかその…
スー:出ちゃったんです。
記者:出ちゃったの?あれは? アレは前から計画してたの?
スー:いいえ… ぜんぜん連絡なかったんですけども…
記者:うん。
スー:え〜、本当にね、皆さんに申し訳ない事しちゃって…
記者:うんうん
スー:本当にすみません
記者:あ〜
スー:知らなかったんです。
記者:あ〜、それじゃ、それが例えば、事務所とかレコード会社で、ということなのかな?
スー:そぅ〜、みたいですね。
記者:なるほどね。
スー:すみませんでした。
記者:いえ、とんでもない… じゃあ例えば…
スー:裏切っちゃって… 皆さんをね…
記者:あ〜、そうですか。またなんか、仕事をね、するんじゃないかとか、そういうような事でいろいろ、なんか出てるんだけど、まぁ、どうなんですか? そのへんは?
スー:いえ、別に、考えてないです。


解散しても尚、金の成る木として楽曲版権を持っている渡辺音楽出版のやり方に相当嫌気が差していた三人であることは推して知るべくもなく、記事に『CBSソニー側は「OK」がとれた』 としているが、三人の意向はあくまでも「一枚もレコード出したくありません」であり、スーのインタビューでも「(発売された事自体)知らなかったんです。」と言っているように、 この記事で書かれている「OK」は事務所とCBSソニーの裏合意と見ることができる。
その証拠として、プロモート盤の時に「秋までには”あこがれ”や”つばさ”の有料盤(一般のシングル盤)を出したい。それに続いて未発表のものを…」 と意気込んでいたCBSソニー側が 『「つばさ」以外のレコード化は今のところ考えていない。』と一歩も二歩も引いた差し障りのないコメントに言い換えている事からも、渡辺音楽出版との裏事情を伺い知る事ができる。

またこの時期、ミキちゃんがソロデビューに向けて準備中であり、彼女の作品の権利問題が宙に浮いていた事や、渡辺音楽出版のやり方に納得していなかった現れであり、 「あこがれ」が「グッドバイタイムス」に差し替えられたのは当然である。

記事の中でファンの声がCBSソニーに殺到とあるが、実際には三人の意志を尊重しているファンとしては、発売中止を要望していた声の方がはるかに多く、作られた記事を先に公表して三人の意志とファンの気持ちを踏みにじる形で78年11月21日に 強行発売された。
そのため、この「つばさ/グッドバイタイムス」は殆どのファンの間ではキャンディーズのオリジナルシングルシリーズのシングル盤として認めていない。

発売日1978年11月21日
レコード番号06SH-416
A面曲(演奏時間)つばさ (4:45)
B面曲(演奏時間)グッドバイタイムス (4:28)
サンプル盤初回マトリックス番号A面:06SH-416A1 B面:06SH-416B1
通常盤初回マトリックス番号A面:06SH-416A1 B面:06SH-416B1
録音方式2ch ステレオ
推定売上枚数
初回価格600円

※推定売上枚数を御存知の方がおられましたら御連絡ください。

レーベル備考
サンプル盤
EPつばさサンプル盤.jpg
通常盤
EPつばさ通常盤.jpg

2.オリコンヒット状況

※当時の週単位オリコン順位を御存知の方がおられましたら御連絡ください。

3.出典、参考文献

・当時の新聞記事


トップ   編集 凍結解除 添付   単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-18 (日) 19:45:40 (2986d)