ch_girls_1.jpg

キャンディーズ・チアガールズとは、70年代に活躍したアイドルグループのキャンディーズの女性だけの私設ファン団体である。
略称は「チア」「チアガールズ」。

キャンディーズ・カンパニー発足後に結成され、全キャン連やスパキャン等の私設ファン団体とは別に独自の応援活動を展開していた。


※チアの情報を御存知の方はご提供をお願い致します。

1.概要

1977年頃からコンサート会場などで知り合い意気投合した女性ファンたちが「女の子だけのファン応援団を作ってみたい」と女性ファンに呼びかけ徐徐に人が集まり、独自の応援チームと呼べるような人数に膨らみ始めた矢先の1977年7月17日に解散宣言、そのまま消滅するかのように思われたが、応援チームのメンバーの中に松山正明の知人がいたためキャンディーズ・カンパニーを活動拠点としたキャンディーズ・チアガールズが正式に結成された。

チアガールズ大募集.jpg

その際、カンパニーが発行していた機関紙「週刊少年キャンデー 第3号」やキャンディーズタイムズにチアガールズメンバー募集の記事を掲載し短期間に全国規模でチアガールズの組織を展開していくこととなる。

結成された時期が1977年10月以降ということもあり、自ずとキャンディーズ解散までの応援、レコード売上の支援が主な活動となった。
キャンディーズが出演する番組にチアガールズの証であるピンクの半被を着て参加し、応援するなど広範囲な活動も展開していた。

また、キャンディーズ・カンパニーの電話番もボランティア精神で率先して従事していた。が、チアガールズは学生がおもなメンバーだったため学校が終わるとカンパニーに直行して支援、応援活動をして、終電で帰宅するという女の子も少なくなかった。
そうした活動を経て「微笑がえし」がオリコンチャートで1位を飾り、1978年4月2日の日比谷野音のファイナルカーニバル前夜祭を迎えた。
ここで初めて生のキャンディーズに出会えたメンバーも少なくなかった。
ファイナルカーニバルでメンバーがまとまって最後のステージを応援したが、メンバーの多くは中学生・高校生・一部の女子大生や社会人だったので最初で最後の集結だった。

キャンディーズ解散時のチアガールズの全国会員数がどれくらいであったかは全キャン連同様に不明であるが、キャンディーズタイムズ 1977年11月10日発行 第10号の募集記事に、「現在会員数235名で来春までになんとしても2,000名!」と記述されていることから最終的には相応の会員数がいたと推測できる。
このような女性だけの私設ファン団体を持った女性アイドルはキャンディーズが最初だと思われる。

2.組織体制

pink_happi.jpg
チアガールズ会員証.jpg

キャンディーズ・チアガールズは、ピンクの会員証を発行し、ピンクのハッピも手作りで製作していた。

※全国展開していたチアガールズの組織情報を御存知の方は情報提供をお願い致します。

3.活動

チアガールズの活動時期は前述のように1977年10月以降ということもあり、キャンディーズがマスコミから激しいバッシングを受けてる最中の応援ということで非常に厳しい一面もあったと思われる。
キャンディーズの出演する番組にピンクのハッピを着て参加し、会場でできるだけ目立つように応援し、できるだけテレビに映るように応援して、司会者に声を掛けてもらいチアガールズの存在と女性ファン目線から見たキャンディーズの素晴らしさをアピールすることをテレビ放送では主な目的としていた。
司会の方がキャンディーズに「あの方たちはどういう方ですか?」のように振ってもらえるよう心掛け応援もしていた。
チアガールズの一番の主な活動は「微笑がえし」のレコード売り上げ、番組リクエスト1位にするための応援であった。
カンパニー、全キャン連と一緒に街頭ビラ配りを行い、リクエストはがきは、はがきの四方の縁の部分を蛍光ペンなどを使い、ピンクで囲むということを徹底して行い、チアメンバーの人海戦術で相当数のリクエストハガキを出し番組リクエスト1位に貢献していた。
また、キャンディーズ・カンパニーの電話番もボランティア精神で率先して行い、全国からのいろいろな問い合わせの電話対応をしていた。
電話受付をしていたメンバーがいたが「ランちゃんいますか?」「スーちゃんいますか?」「ミキちゃんに代わって下さい」などという信じられない非常識な電話も多かった。

●チアガールズの77/12/31〜78/1/1のスケジュール

年月日時間活動内容
1977/12/31PM20:30カンパニー集合
PM21:00〜
PM23:45
NHK紅白歌合戦観賞
1978/1/1AM0:00〜
AM0:30
マラソン電話開始
「新年のあいさつ」「これからにむけて」
AM2:00〜
AM5:00
明治神宮参拝
AM6:50初詣(?)
AM7:00解散

4.終焉

キャンディーズ・カンパニー発足後に結成され、短期間であったがめまぐるしく支援応援し、最初で最後に結集したファイナルカーニバルを迎えてキャンディーズとともに活動を停止し解散した。

5.出典、参考文献

・週刊少年キャンデー第3号
・週刊少年キャンデー第17号
・キャンディーズタイムズ 1977年11月10日発行 第10号


トップ   編集 凍結解除 添付   単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-03 (金) 16:35:10 (3180d)