シートレコードとは、1958年フランスのレコード・メーカー“SAIP”によって開発された塩化ビニール製のレコードである。


1.説明

1958年フランスのレコード・メーカー“SAIP”によって開発された塩化ビニール製のレコードで、“フォノシート(Phonosheet)”と呼ばれ、これまでの塩化ビニール製のレコード盤と比べて、音質の面では劣り片面しかプレス出来なかったものの、極めて薄い、軽い、極めて安価、加工が容易、短期間に大量生産可能等の利点があり、雑誌の付録や、印刷された台紙などに透明な盤を貼り付けたメッセージカード等に利用された。
1960年代前半当時、EP盤が約300円、25 - 30cmのLP盤が約1,500 - 3,000円と高価だった一般的な塩化ビニール盤レコードの代用として普及した。
EP並みの価格で長時間再生が可能なのでLP盤に手を出せない客層を中心に数多く出回り、後に音質も改善され、ステレオ盤や両面盤も見受けられる様になる。

日本でシートレコードを一躍有名にしたのは、朝日ソノプレス社(後の朝日ソノラマ)が、ニュース記事を含むさまざまなトピックにニュースの現場やオリジナルの録音テープ、音楽などをシートレコードに収録し、「音の出る雑誌」という触れ込みで『月刊朝日ソノラマ』という雑誌であった。
「ソノラマ」という言葉はラテン語で「音」を表すsonusとギリシャ語で「見もの」の意味のhoramaを合成した造語である。
その後、「音の出る雑誌」は方向性を大きく変え、英会話や音楽のオムニバス企画やテレビアニメ、特撮、漫画などを題材に主題歌や物語のダイジェストまたは放送素材を収録した読み切り漫画・絵本ソノシート雑誌が数多く発売される様になり、低価格な事から1960年代当時の子供に幅広く受け入れられた。
そのため、シートレコードの事を「ソノシート」と一般的に呼ばれるようになった。

しかし「ソノシート」とは朝日ソノラマの登録商標であるため、本来、朝日ソノラマ以外の同系式の他社製品を「ソノシート」と呼ぶことはできない。
1998年に日本テレビで放送されたスーパーテレビ「今明かす解散の謎・キャンディーズ 3人娘封印された真実」の中で解散宣言を収録したレコード盤を「幻のシートレコード」と言っているのはこのためである。

レコード自体が衰退していく中、シートレコードの需要も急減し、2005年(平成17年)に日本国内での生産を終了したが、一部であるが自費製作レコード会社では現在でもシートレコードの生産は可能だが、製作依頼は殆ど無いようである。

2.ウィスパー・カード

憧れのアイドルがあなただけの耳に囁きかける!“声の出るウィスパー・カード”というコピーで、アイドルの歌でなくトークを収めたシートレコードが男女問わず70年代初期のアイドル中心に数多くのウィスパー・カードが製作され、主に文具店で販売されていた。

ブロマイドと言えば、マルベル堂が一手に販売しており好調な売れ行きを示していた。
それに便乗してか、対抗してか、「声の出る」ブロマイドをコンセプトとして1970年初期から文化放送が企画制作、キュープロモーション及び万年筆のプラチナが製作販売するウィスパー・カード・シリーズを企画していた。
しかし「ブロマイド」はマルベル堂の登録商標であるため「声の出るブロマイド」というコピーにすることができず、やむなく「声の出るウィスパー・カード」と相成った訳である。
当時ブロマイドはレコード店、文具店、ブロマイド店で販売されており、最初はキュープロモーションが独自ルートで文具店に卸していたが、文具店の流通経路を有効活用するためにプラチナでの製作販売に切り替えた。

70年代初期のアイドル中心ということで、麻丘めぐみ、天地真理、アグネスチャン、桜田淳子、山口百恵、森昌子、浅田美代子、西城秀樹、村野武範、大石五郎、伊丹幸雄、石橋正次等のラインナップがあり、珍しいところでは、当時の野球少年のアイドル長嶋茂雄のウィスパー・カードも発売されていた。

ウィスパーカードサンプル.jpg

キャンディーズのウィスパー・カードも発売されており、衣装と髪型から推測すると1976年5月以降で一枚300円で文具店にて販売されていた。
本来なら他のウィスパー・カード同様に「声の出るウィスパー・カード」と印刷された二つ折りカバーに入れられていたと思われるが、これはキュープロモーション時代のみで、プラチナ時代ではカバーが無かったかも知れない。

ウィスパーカード.jpg


■企画制作:文化放送
■製作販売:1970年代初期:キュープロモーション 1970年代中期:プラチナ
■発売日 :1976年5月以降
■価格  :一枚300円
■製品番号:P-122
■回転数 :33回転
■収録時間:3:10

■収録内容:

 (三人) は〜い! キャンディーズです!

 (ミキ) ニコニコ明るい顔でいましたか? ミキです。
 (スー) ムチャをして身体を壊してたりしないでしょうね? スーです。
 (ラン) いじけたり、くよくよしたりしてると立てないですよ。 ランです。

 (ミキ) さぁ、ひとりひとり
 (スー) あなたと
 (ラン) おしゃべりタイムを…

 (ミキ) まず、じゃあミキからね。
     ミキはねぇ、野菜が大好き。特にね、え〜と、トマトときゅうりとレタス。
     コレをね、冷た〜く冷やしてね、自家製のドレッシングをかけて食べるの。
     美味しいわよぉ〜。
     えっ?
     だから痩せてるんだろうって?
     まぁ〜!
     でもね、一年中野菜ばっかりじゃないわよ。ちゃんとお肉だって食べてますよ。
     焼肉もね大好きなもののひとつ。でもねぇ、野菜は身体にとってもいいんですよ。
     ほうれん草はポパイみたいに力がつくし、人参は目にいいし…
     あら…
     こんなこと言ってるから色気が無いなんて言われるのかなぁ〜?
     でも何をするにも健康第一! 身体を壊したら大好きな歌も歌えなくなっちゃうでしょ?

     と、いうことで、じゃあ泣き虫のスーにバトンタッチね。

 (スー) スーです。
     今、ミキがスーのこと泣き虫と言ったけど嘘ですよぉ。
     そりゃあ、とっても心温まる映画や悲しい話を聞いたりすると泣いちゃうけど…
     誰だってそうですよね?

     スーの場合、ちょっと涙の量が多いだけ。
     あなたはどお? 平気? やっぱり泣いちゃうでしょ?

     スーがなんとなく憧れてる男性はねぇ〜、そうねぇ〜、顔はどうでもいいの。
     ただ、センスがあって、優しくて、そして自分の仕事を愛している人、そしてねぇ、あの〜
     性格が可愛くてね、一緒にいて楽しい人がいいなぁ。
     いつ見つかるかしら? スーの恋人。

     では今度は、もっともっと大きな夢を持っているランにバトンタッチ。

 (ラン) ランです。
     私の夢はねぇ、そうねぇ〜
     まだまだ当分先のコトですけどステキな恋人ができたら、その人と二人で世界中旅してまわりたいの。
     二人でいろんな土地へ行って、いろんな人たちと触れ合ってね、いろんなコトを感じて帰ってきたい。

     叶うかしら… 私の夢…

     ランはねぇ、毎日とはいかないんですけど、ポツンと一人で居る時
     ノートを出して詩を書いたりするのが大好き。
     それから思っている事、考えている事をなるべく自分の心に素直に書いておくの。
     そうしておくと少しでも本当の自分を見失なわずにいられる気がするから…

     あなたも試してみたらどうかしら?

 (ラン) さあ、これで一人一人のおしゃべりタイムは終わり。
 (ミキ) それではみなさん。
 (スー) キャンディーズを
 (ラン) これからも応援して下さいネ。

 (三人) さようなら。

3.キャンディーズ解散宣言

4.出典、参考文献

・wikipedia
・昭和小僧の秘密基地
・暇人吉之助清話−ワセスポ、昭和、世相、時事−
・レコード大将
・中古レコ屋のあくび指南〜のんびり音を聴きませう
・ウィスパー・カード(現物)


トップ   編集 凍結解除 添付   単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-03 (水) 03:11:50 (2575d)