スーパーキャンディースとはキャンディーズファンの私設グループである。

正式名は英文字で「SUPER・CANDIES」、略称は「スパキャン」。

創設の経緯は不明であるが、年下の男の子が大ブレイクした昭和50年の秋〜冬頃には既に活動していた。

組織的には
会長が北東京支部長を兼任
副会長兼埼玉支部長
経理担当兼南東京支部長
神奈川支部長
という幹部組織となっていた。

ヤンタンTOKYOの行われていたTBSホールでは常連客で、前日夜から整理券を求めて並ぶ列の前の方には必ずスパキャンメンバーが居た。

ハートのエースが出てこない]の頃、会員数は50名程度であった。
活動は一般のファンと同様であったが、いわゆる「追っかけ活動」が盛んであり、中でもキャンディーズが乗ったクルマをバイクで追跡するという得意技?を持っていた(笑) しかし、あるOBによると「自分たちは追跡していたのではなく、クルマやバイクで自宅などに先回りしていただけだ」と証言している。

その後全国規模に拡張してゆき、公式ファンクラブ以外の私設グループでは最大規模を誇ったとのことである。

因縁などは不明であるが、渡辺プロ友の会キャンディーズファンクラブに対する反発心が旺盛であった。 活動拠点を同じくしていたファンクラブ関東支部の幹部に対する敵対心は相当なもので、ちょっとしたことでもケンカ腰となり、常に一触即発のような関係であった。

特に後のキャンデーズカンパニー代表で、当時ファンクラブの総帥であった松山正明に対しては本当の「敵=かたき」のような思いを持っていた。 伝説となっているのが船橋ヘルスセンターでの事件。 これは、松山氏がスパキャンメンバーに対して「活動資金の足しにして欲しい」と現金を渡そうとしたところ、猛反発を受けたという出来事だった。 この事件によって、スパキャンの支部もしくは松山氏へ対する憎悪が更に高まったと言われている。

しかし、松山正明は「ファンはひとつ」というポリシーのもとに組織の壁を越えて積極的に歩み寄っていた。 当初はなかなか実を結ばなかったが、キャンディーズが解散を宣言した以降はスパキャン側が松山の情熱によって譲歩し、活動を共にしたという事実が残っている。 実際にスパキャンOBのひとりは「最後は支部と一緒にやれたから…」という言葉を発していた。

経理担当のメンバーはキャンディーズカンパニーのスタッフとしても活動していたらしく、スパキャン側として最も松山サイドに近かった人物でもあった。

ファンクラブなどと同様にキャンディーズ解散後に活動を停止。 しかし、未だにスパキャン魂を心に秘めるメンバーもおり、「全キャン連と自分たちは別」という主張を続けている。

5.出典、参考文献


トップ   編集 凍結解除 添付   単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-05 (金) 06:16:21 (2600d)