ヒューマン1号.jpg

突撃!ヒューマン!!(とつげき!ヒューマン!!)とは、日本テレビ系列で、1972年10月7日〜12月30日まで全13回放映された 特撮ヒーロー番組である。

関東圏内の公会堂や市民会館で舞台劇の公開番組としてドリフ並の舞台装置やアクションを売りにして、主人公が危機になった際に 子供たちが回すヒューマンサインによってヒューマンに変身して悪の組織キングフラッシャーや怪人と戦うという設定で 舞台と会場、視聴者を一体と化す演出を行った異色な特撮アクション番組で他に例を見ない。
しかし「仮面ライダー」の裏番組として企画制作されたため低視聴率を免れず1クール全13回放映で終了した。

この番組に、まだスクールメイツに在籍中で歌謡グランドショーでマスコットガールに起用されキャンディーズとしてデビュー前の田中好子が新聞記者役で初ドラマ初レギュラー出演していた。


1.概要

ヒューマン出演中のスーちゃん2.jpg

体操の教師として子供たちに愛と勇気を教える岩城淳一郎。その正体は、地球征服を企む悪の軍団フラッシャーから地球の平和を守るために第4M星雲ヒューマン星からやってきたヒューマンである。
岩城潤一郎は、子供たちのまわすヒューマンサインの応援を受けてヒューマンに変身、フラッシャーに戦いを挑む!
この番組は「子供達の心と体を健全に鍛える」というテーマがあり、岩城淳一郎は学校の先生という設定でもあるので劇中に観客の子供たちと一緒に「ヒューマン体操」を行っていた。 体育教師である彼が怪獣新聞の記者である星山ルミ子(田中好子)から怪獣情報を集めていた。
そのため星山ルミ子はキングフラッシャーや怪獣?怪人?から襲われる事が多く、観客の子供たちにヒューマンの助けを呼んでいた。
毎回ドリフ並みの舞台装置に激しいアクション、毎回違う台詞にミスが許されない公開録画番組、舞台度胸や演技力をこの番組で養われたのは言うまでもない。
尚、星山ルミ子役のオーディションには伊藤蘭藤村美樹も受けていたらしいが、三人の中で最も庶民的な雰囲気があるという理由で田中好子が選ばれた。(藤川桂介氏・談)

星山ルミ子の服装は、とても新聞記者とは思えない服装で一応腕章でそれらしさを出しているものの、そもそも怪獣新聞という設定自体が今にして思えばかなり怪しい。
いつもトランシーバーを片手に怪獣新聞本社(多分?)と連絡している姿が田中好子の可愛さと明るさでカッコよく見えて人気が高かった。

2.番組データ

1972/10/ 7〜1972/12/30放送 全13話

日本テレビ系 毎週土曜日19:30〜20:00

スタッフ

企画演出 : 白井荘也

ディレクター : 須沼 望、神戸文彦、重松 修

美術監督 : 成田 亨

舞台監督 : 阿川柊郎

音響効果 : 後藤正和

技  斗 : 古谷 敏、姫野昭児

制  作 : 中村公一

製  作 : 日本テレビ、モ・ブル

キャスト

岩城淳一郎 : 夏 夕介(ヒューマン1号)

岩城淳二郎 : 西島明彦(ヒューマン2号)

星山ルミ子 : 田中好子

平井安兵衛 : 八代 駿

キングフラッシャー

グランドフラッシャー : ビンプロ

クイーンフラッシャー : 影山美紀

フラッシャーレッドアイ : 沢りつお

ヒューマン : 須藤義男、他

ナレーター : 山田康雄

3.放送データ

話数放送日サブタイトル脚本収録場所収録日
172/10/ 7ヒューマンって何だ藤川桂介川口市民会館72/ 9/23
272/10/14怪獣シビレッタ3千匹!雪室俊一上尾市民会館72/ 9/30
372/10/21血を吸う!怪獣ドラゴンダ上原正三土浦市民会館72/10/ 7
472/10/28空飛ぶ怪獣ブランカー田村丸江東公会堂72/10/14
572/11/ 4殺せ!!怪獣レッドロック藤川桂介足利市民会館72/10/21
672/11/11怪人ゲジルの死!!藤川桂介府中市民会館72/10/28
772/11/18怪人メガヘルツテレビ局を爆破藤川桂介、田村 丸草加文化市民会館72/11/ 4
872/11/25魔の少年フラッシャー藤川桂介渋谷公会堂72/11/11
972/12/ 2キングフラッシャー死ぬ!!田村 丸柏市市民文化会館72/11/18
1072/12/ 9英雄ヒューマン最後!!藤川桂介大宮市民会館72/11/25
1172/12/16帰ってきたヒューマン上原正三川口市民会館72/12/ 2
1272/12/23ヒューマン兄弟大活躍藤川桂介江東公会堂72/12/ 9
1372/12/30さよならヒューマン藤川桂介府中市民会館72/12/16

4.映像ソフト化について

この「突撃!ヒューマン!!」は公開番組という放送形態からフィルム撮影ではなくビデオ録画されていた。
一度だけ再放送されたが、当時の放送用ビデオテープは非常に高額だったためテープの再利用ということで別番組が上書き録画されマスターはすべて消失したと言われていた。
が、後年TBSの番組「テレビ探偵団」で田中好子がゲストの時に、思い出の出演作として本作の映像が部分的に放送されており、少なくとも この時点(1980年代末)では、一部だとしても映像が現存していたことが確認されたので、ひょっとしたらどこかの映像ライブラリーの倉庫とかに埋もれている可能性が高い。
現在「突撃!ヒューマン!!」の版権は株式会社モ・ブルから日本テレビに移っており、映像も版権の問題も含め映像ソフト化は非常に困難であると思われる。

5.出典、参考文献

・I LOVE HERO 英雄列伝
・宇宙船別冊「超人ヒーローアルバム」
・突撃!ヒューマン!!のあしあと
・Wikipedia


トップ   編集 凍結解除 添付   単語検索     最終更新のRSS
Last-modified: 2009-04-15 (水) 00:24:01 (3023d)